2017年12月27日水曜日

白昼夢の住人


前回の投稿からずっと考えていた。
試行錯誤の結果、「自分」ができあがりつつあることに気づいた。

今まで作風が固まりきらなかった。
過去、絵を描いていた頃に、ある方から
「作風の振り幅が大きいとファンはつきにくい。
『この作風はあなたのものだ』と分かるようにした方がいい。
自分の方向性はしっかり固めた方がいい」
というアドバイスを頂いた。

その言葉は常に念頭にあった。
しかし作風は安定しなかった。

「視覚だけでなく、触覚でも楽しめる物が作りたい」との思いから
表現方法を絵から刺繍、立体に変えた。
始めは絵画的な表現だったが
ここに来て「私のすきな感覚はなにか?」
を考えるようになった。

白昼夢の住人

作品について、
人から見たら大して変わったように思わないだろうけれど、
私自身には大きな変革が起こったように見える。

 たいしたことではない、それは分かっている。
だがひとつ階段を上がったような気分がする。

作ることの面白さ。回り道のつらさと面白さ。
今改めて、これらを楽しめるようになってきている。

2017年12月24日日曜日

天使と胸像

表現したいものは分かっている。
自分の内的世界、個人的な神話だ。

だが、どう表現するかが定まっていない。
模索を続けている。

天使
(よいクリスマスを!)




胸像




御礼申し上げます

参加させて頂きました
「パライソ・オカルトマニアックス」
無事終了いたしました。
お運びいただいた皆様、
主催・会場の皆様、
本当にありがとうございました。








2017年12月2日土曜日

「パライソ・オカルトマニアックス」

臣相実験(近藤宗臣×相良つつじ)企画展覧会

「パライソ・オカルトマニアックス」

2017年12月5日(火)~17日(日)/月曜休

12~20時(最終日17時迄)


会場:ギャラリーパライソ

大阪市中央区西心斎橋2-10-27 森ビル3階→地図


オカルト全般、幅広いテーマの作品展!
豪華なゲストや様々な展示、謎の遺言等々。

お近くの方や興味をお持ちの方
皆様是非お運びください!

私は記憶転移がモチーフの立体作品「記憶する心臓」で参加。
3点で一組の作品になっています。







思わせぶりな画像を載せていますが、
会期が始まりましたら差し替えます
12月5日、画像を差し替えました。

グッズに「ニンゲン」もいます!












2017年11月10日金曜日

「パライソ・オカルトマニアックス」に参加いたします

「パライソ・オカルトマニアックス」
ギャラリーパライソ
〒542-0086 大阪市中央区西心斎橋2-10-27 森ビル3階
2017年12月5日(火)~16日(日)

以下twitterより転載
 
作品5体完成。
あとはイメージに沿って手直しして、
それぞれのタグを作成する。

グッズも作っていきます。
作品とは別モチーフで作ることにしました。

画質がアレなカメラのおかげでオカルトみがある作品画像を添付します。

2017年10月24日火曜日

黎明期の神 憂鬱な人魚

無意識と意識の境目にいて、
憂鬱な声で呼びかけてくるのです。


2017年10月23日月曜日

黎明期の神

先のシリーズの神様は
3柱目に手を付け始めてから思うところあってまた放置。
2度目の放置は申し訳ないのですが、
またゆっくりしていてください。

その放置の原因となった「思うところ」とは。
私にはある程度以上かっちり設計された形を作るのは、
性格的に向いていないようです。

で、自由に成形してみました。

黎明期の神
表情が何となく気に入っています。

幾体か自由に作ろうと思います。
自分の「線」を見つけたい。
 

2017年10月17日火曜日

神と人間の境界が曖昧な世界の神像 2柱目

神と人間の境界が曖昧な世界の神像 
2柱目








既にベースが出来上がっていたので

サクサク進みました。

次は3柱目です。
これもベースがあるのですが、
少し改良しないといけない。
どう進めようか考え中です。
 

2017年10月14日土曜日

神と人間の境界が曖昧な世界の像

まずはひとつ、できました。







続けて作っていきます。
作りかけで放置されているものが2体分あるので、
それを完成させようと思います。

2017年10月11日水曜日

夢に棲む魚

「夢に棲む魚」はちゃんと写真を撮ったのですが、
画像を編集するのはなんとなく気が進まない。
説明文も今は書きたくない。
だからiichiにはまだ載せていません。
 「夢」を編集し説明するのは難しい。


頭部に花が密集している。
植物に侵食されているのか、
共生しているのか、
そういう状態です。


今作っているのは人形で、できあがり次第アップします。
販売サイトに上げていくのは数体できあがってからにしようと思う。

その人形は、人と神の区別が曖昧な世界の聖像。
「人と神の区別が曖昧な世界」とは、
「古事記」や「カレワラ」みたいなものだと思ってください。

2017年10月3日火曜日

記憶及び感情循環器としての心臓 2 ※アップの写真追加しました

ミニ心臓二つ目です。
前回のものより形の収まりがよくなっています。

長期保管品の赤い布で作りました。
グレーの燦めきは、
天然石ラブラドライトとイタリア製アンティークビーズです。

販売はこちらです。









2017年10月1日日曜日

記憶及び感情循環器としての心臓 1

小さな心臓です。 
高さは5cmほど。

血液だけでなく、
記憶と感情をも循環させる臓器としての心臓です。

駆け巡る血管を刺繍で、
記憶と感情に基づく心(心臓)の燦めきをビーズで表現しました。

一部イタリアアンティークのビーズを使用しています。

上部に小さなループをつけているので
お手持ちの紐やチェーンなどを通せるようになっています。

生地の黄変や汚れは経年劣化によるものです。
長期保管されていた生地を使用しています。


9柱の幼年期の神々

いいちにアップしました。

販売はこちらから

 

2017年9月27日水曜日

祝祭の人と足の甲

この数日に作った物です。

足の甲




祝祭の人
白背景



同じ祝祭の人
黒背景



 

2017年9月24日日曜日

幻想ノ祭典 無事終了いたしました

「幻想ノ祭典」無事終了いたしました。
たくさんのご来場ありがとうございました! 
また、参加作家様、会場の方々、主催様、
皆様お疲れ様でした。

本当にありがとうございました。


2017年9月21日木曜日

幻想ノ祭典 出品作品全景

「幻想ノ祭典」

いろいろな作家様がそれぞれの「幻想」をテーマに出品されています。
どの作品も見応えがあります。
機会がありましたら是非ご覧になってください!
9月24日(日)まで!

画像は私の出品作品全景です。