2017年9月21日木曜日

幻想ノ祭典 出品作品全景

「幻想ノ祭典」

いろいろな作家様がそれぞれの「幻想」をテーマに出品されています。
どの作品も見応えがあります。
機会がありましたら是非ご覧になってください!
9月24日(日)まで!

画像は私の出品作品全景です。


2017年9月20日水曜日

心の結晶としての心臓 2

ほぼ実物大の心臓ぬいぐるみです。

持ち主の心が反映した姿、
「心の結晶」としての心臓を作りました。


人を大事にすること、大事にされることを知っている、
穏やかな人物の心です。


こちらで販売しています。




2017年9月17日日曜日

心の結晶としての心臓 1

ほぼ実物大の心臓ぬいぐるみです。

持ち主の心が反映した姿、
「心の結晶」としての心臓を作りました。


落ち着いて安定した感情の底に流れる情熱と、
キラキラ輝く知性を持った人物の心です。

反対面です。

生地を刺繍糸で自由に成形し
天然石やビーズなどで飾り付けしています。



いずれも側面。

上部はこんな感じです。
販売はこちら



2017年9月10日日曜日

オモイデガイ(思い出貝)

無意識の底に生息する貝類。
殻に包まれている本体は「思い出」。


2017年9月8日金曜日

「幻想ノ祭典」のお知らせ

「幻想ノ祭典」

期間:2017年9月19日(火)~24日(日)/11~19時(最終日は16時まで)
会場:ちいさいおうち Gallery Little House 京都市

画家・近藤宗臣様プロデュースの公募展。 
『幻獣標本』の江本創様など
たくさんの個性的な作家様が参加されます!

京都市内のアクセスのよい会場です。
素敵な作品が見られることと思います、
皆様、是非お越しくださいませ!

私は『kaamos(七番航路)』の名前で出品しています。
立体作品2点です。
結構小さいです。








上記2点を出品いたします。




グッズもいろいろ出品しますので、
ぜひお土産にどうぞ!


2017年9月4日月曜日

幼年期の神 2

ひとつ前の記事でお伝えしていたもう1柱。
 
幼年期の神、2柱目です。
神様なんだから、ひとりでも1体でもなく、
やっぱり1柱と数えたほうが良い気がしまして。





販売はこちらです、














2017年9月3日日曜日

幼年期の神 1

夢の中で作っていたものを、形にしました。
夢の中では、これは後に神となるものでした。

 

こちらで販売しています。


大きさは、造花部分を除いて約95mmくらい。

私が作る物は、
表現できているかは別として
それ自体で世界観が完結しているように思います。

なので、人を引き立てるためのアクセサリーや、
部屋を彩るインテリアのような
「なにかを補完する」ための作品はうまく作れないのではないかと思います。

今日はもう1体仕上りました。
明日写真を撮ってアップする予定です。




2017年8月26日土曜日

目 3つめができた


手のひらに乗る大きさです。
1~2日で出来上がります。
このくらいの大きさだと
リズムよくサクサク出来上がるので
楽しさがあります。

私は「次を」「この先を」見たい人なので、
いろいろ作っていきたいほうです。
このくらいの作品をたくさん作っていきたい。
ですが、時にはじっくりと一つの作品に取り組むのも
私にとって精神的に必要なように思います。
そのために公募展に参加している面もあります。

1つめはひとつ前の記事に載せていますが再掲。
2つめはこれ
併せて載せます。



2017年8月25日金曜日

ぬいぐるみです。
手のひらに乗る大きさです。
こんな感じで作っています。


2017年8月18日金曜日

もの思う心臓 2

こちらで販売しています。

長期保管の新モスで作った、
もの思う心臓。

劣化も見せ方によっては面白くなる。
前回の白い心臓は黄変、汚れが目立ちましたが
独特の雰囲気になりました。

赤ではそれほど劣化が目立ちません。
とても鮮やかです。





 ビーズやスパンコールの装飾は、
この心臓の持ち主、あるいは心臓自身の
心の風景を表しています。










サイドに使用しているビーズは
中央アジア産とのことです。
色味ときらめきが素敵です。

 


2017年8月15日火曜日

もの思う心臓 1

作品展とは関係ない作品を作りました。

iichi(いいち)に出品しています。





 実物は写真以上に
経年による多数の汚れと黄変があります。
 また縫い目や糸の結び目が見えるように作っています。

 刺繍やビーズの装飾は、
この心臓の持ち主、あるいは心臓自身の
心の風景を表しています。













 形のないところから組み上げていくのは興味深い作業です。


2017年8月13日日曜日

もの想う心臓、心の形

「幻想ノ祭典」

期間:2017年9月19日(火)~24日(日)/11~19時(最終日は16時まで)
会場:ちいさいおうち Gallery Little House 京都市

画家・近藤宗臣様プロデュースの公募展。
『幻獣標本』の江本創様も参加されるとのことです!

たくさんの個性あふれる作家様たちが出品されます。
私は立体2点出品の予定です。
それほど大きくないのですが、
それなりの存在感はあると思います。
1点はできあがりました。
また日が近くなればここでも公開します。

会場は四条烏丸、室町あたりですね、
グッズとしていろんな心臓持って行きます。
↓これらの心臓+αの予定です。









創作していると、生きているという実感が湧く。