2018年4月15日日曜日

「神々ノ黄昏」展のご案内

「神々ノ黄昏」展に出品いたします。
と き
2018年4月24 日(火)~29日(日)
11~19時(最終日は16時まで)

ところ
ちいさいおうち Gallery Little house
〒600-8491 京都市下京区鶏鉾町478

会場は四条烏丸、京都市内のアクセスのよい場所にあります。
 様々な作家様がそれぞれの「神」を表現します。
皆様、是非お運びくださいませ!

私は「kaamos:七番航路」の名前で
2点出品します。
 (後日全体写真に差し替えます。)

『重層信仰の聖像』

 『地母神』

グッズ販売もします。
『お守り・宝石魚』
ブローチにもなる小さな魚です。
ほかにもグッズを出すかも知れません。
是非実物をご覧になってください!

2018年3月21日水曜日

作品いろいろ

地道にいろいろ作っていたので
アップしていきます。

無意識水域魚類4
いずれiichiに上げる予定です。


お守り魚
たくさん作っています。
作品展「神々ノ黄昏」にグッズ販売として持って行く予定。
日が近づきましたら
「神々ノ黄昏」展についてアナウンスいたします。

心臓
お守り心臓として作品展に出すことも考え中。


そして作品展出品作品も鋭意制作中。
いろいろ考えていたのですが、
やはり自分の中の神話をベースにした作品になっています。
きっちりと系統立てた神話ではないのですが、
日本的な重層信仰が基本となった、
断片的な物語の積み重ねです。

2018年3月6日火曜日

無意識水域魚類3

素直にぬいぐるみです。
無意識の海を泳ぐ魚です。


なかなか刺し終わらず時間がかかりました。
刺繍糸は混色しております。
ラメ糸も多めに使用しているので
キラキラしています。

腹びれが左右対称になっていない、
尾びれの先がまいている等はありますが、
祝祭的なきれいな魚です。


販売はこちら

お守り人形1

なかなかかわいくできました。
平面と立体の間、平面寄り。
私にとってこの表現は難しかったです。
しかし絵画と造形の間を探るのは楽しい。
販売はこちら。

裏はシンプル。

2018年2月23日金曜日

お守りポーチ 優しい情熱

作品の傾向を変えて、
装飾品を作りました。

販売はこちら

 心臓と血管がモチーフです。
お守り・タリスマンをイメージして作りました。

一見ポシェットですが
紐の長さは首にかけられるくらいです。
また本体・紐ともに堅牢ではありません。
 実用品ではなく装飾品です!


ネックレスのように首に掛けたり
壁に飾ったり鞄につけたり、
 自由に使っていただけたらと思います。


最近の作品はだいたいそうなのですが、
刺繍糸は色を交ぜています。
3本取りの糸、それぞれ色を変えているので
複雑な色の変化が見られます。
また、縫い目や玉留めの多くを見せるように作っています。
仕上げのアイロンは掛けずに、手仕事の跡を残しています。



2018年2月16日金曜日

心の形3

販売はこちらです。

「夢を見る」心臓。











次は
夢とうつつを結ぶ、魚を作ろうかと考えています。

2018年2月13日火曜日

心の形・改と心の形2

先日あげた作品、「心の形」ですが
さらに空間を埋めました。
これで完成形です。






もう一つできあがりました。






部屋が心臓に侵食されていく。
楽しいですね。