2018年5月17日木曜日

幻想魚3

赤くてふわふわの部分は、ファーヤーンです。
密ではなく疎に縫い付けていますので地模様が透けています。
 私の中では、
体毛(ファーヤーン)は鱗が毛髪状に進化したもの
と考えています。

 
 そして、ガラスビーズと天然石ラブラドライトのさざれで鱗を表現。
ラブラドライトは透明感のあるものが多く、
シラーがちらりと見えてきれいです。

真ん中の黄色の部分は、
国産ビンテージリボン(幅広)。
なくても良さそうだけど、
これがないと生物感が強調されてしまう。

販売はこちら

2018年5月13日日曜日

幻想魚2

先日完成した幻想魚2体目。

始めは緑のツーカットと黒の小さなを刺していたのですが、
このぎらぎら感はなんか違うと全部刺し直しました。
結構な面積を刺していたので
ほどくのが大変でした。


チェコのストライプビーズがメインになっています。
上半分と下半分では違う銀色ビーズを使用しているので
燦めき方も異なっています。
セミクリアのピンクも刺しているので、
ほんのり桜色の部分もあります。
形、布とビーズの色ともにかわいらしい雰囲気になりました。

販売はこちら

上から見たところ。

今作っている3体目はもうすぐ出来上がりそうです。

2018年5月7日月曜日

幻想魚1

作り方を変えて魚を制作しています。

今まではカービングのような、
布をカットして中に綿を詰めていたのですが、
今回はモデリングというか
綿を成形してから布でくるんでいます。

なんで今までこの方法で作らなかったのかと思うくらい
自分にとっては作りやすい。

このように出来上がりました。
納得のいくフォルムです。
鰭には綿を入れているので
ふっくらしていてかわいらしい。

体には鱗に見立てたビーズをたくさんつけました。
上半分にはセミクリアとシルバーラインの
2種類のゴールドのビーズを使っているのですが、
シルバーラインが光を反射、
セミクリアが深みを与える効果を持ち
アンティークなきらめき方をします。

ゴールドのビーズ自体が実際にイタリアのアンティークで
他に国産やフランスのビンテージも使用しています。
 アップにするとこんな感じ。
iichiで販売しています。
興味をお持ちの方は是非ご覧ください!
いま2体目を制作中。
ビーズを半分くらい刺したところで
「これは違う」といったんほどきました。
違うビーズで刺し直しです。
 形、色合いともにかわいらしい雰囲気になりそうです。

2018年5月5日土曜日

「神々ノ黄昏」終了いたしました

「神々ノ黄昏」無事終了いたしました。
皆様ありがとうございました。
作品を見てくださったり、評価してくださってありがとうございます。
ご来場の皆様、
会場・主催の方々、
作家様、
そしてF氏。
本当にありがとうございます。
これからもよろしくお願いいたします!

七番航路










2018年4月15日日曜日

「神々ノ黄昏」展のご案内

「神々ノ黄昏」展に出品いたします。
と き
2018年4月24 日(火)~29日(日)
11~19時(最終日は16時まで)

ところ
ちいさいおうち Gallery Little house
〒600-8491 京都市下京区鶏鉾町478

会場は四条烏丸、京都市内のアクセスのよい場所にあります。
 様々な作家様がそれぞれの「神」を表現します。
皆様、是非お運びくださいませ!

私は「kaamos:七番航路」の名前で
2点出品します。
 (後日全体写真に差し替えます。
※4月23日に差し替えました。

『重層信仰の聖像』


 『地母神』


グッズ販売もします。
『お守り・宝石魚』
ブローチにもなる小さな魚です。
ほかにもグッズを出すかも知れません。
是非実物をご覧になってください!

4月23日追記
グッズに「顔箱」と、鳥の神とねむりの神の刺繍ブローチもあります!
是非ご覧くださいませ!

2018年3月21日水曜日

作品いろいろ

地道にいろいろ作っていたので
アップしていきます。

無意識水域魚類4
いずれiichiに上げる予定です。


お守り魚
たくさん作っています。
作品展「神々ノ黄昏」にグッズ販売として持って行く予定。
日が近づきましたら
「神々ノ黄昏」展についてアナウンスいたします。

心臓
お守り心臓として作品展に出すことも考え中。


そして作品展出品作品も鋭意制作中。
いろいろ考えていたのですが、
やはり自分の中の神話をベースにした作品になっています。
きっちりと系統立てた神話ではないのですが、
日本的な重層信仰が基本となった、
断片的な物語の積み重ねです。